まずは仕事を理解しよう|貿易の求人探しは情報量が沢山あるサイトを利用しよう

貿易の求人を応募するなら仕事内容もしっかり見ておこう

まずは仕事を理解しよう

スーツの人

知識と英語を活かした事務業務

近年は、海外に進出する日本企業が増えたり外国産のものを輸入する会社が増えたりなど、貿易の仕事も盛んになっています。もちろん、日本語が話せない海外スタッフとやりとりするので、こちら側が英語で対応することになります。さらに輸出や輸入に不可欠な書類も、すべて英語表記になります。ちなみに、言葉だけではなく日本と全く違う文化と時差があり、働き始めた当初は戸惑いが隠せませんが、業務をこなしていくことで徐々に慣れていきます。主な業務内容は海外に輸出するための書類作成と、スペースを取るための予約業務、運送の手配から通関まで手広く行います。また、海外から来た問い合わせや取引に関する業務関連も電話で応対します。

求人内容で業務は違う

貿易の仕事を大まかにいうと、輸出と輸入に必要な取引を手助けするのが事務の仕事になりますが、物量の多さや取り扱う商品の種類で担当する部署が変わることもあります。そのため、貿易の求人に応募をする前に内容を事前にチェックすることが求められます。主な就職先は、商社や船会社、メーカー、フォワーダーです。それぞれ、業務内容は同じでも蓋を開ければ全く違うということもあります。自分に合う求人を見つけるためにも、派遣されたい企業を決めておくと良いでしょう。

持っておくと便利な資格

貿易の求人に活かせる資格はとても沢山あります。中でも、貿易実務の検定、通関士あたりは仕事をする上で必須でしょう。他にもビジネス英語力や管理能力関連の認定試験などです。全く未経験でOKとはいえ、これらの資格があればさらに仕事の幅を広げることができ、社員から頼れる存在というお墨付きがもらえます。あわよくば、派遣から社員になるチャンスでしょう。貿易関連の求人を多く扱う派遣会社も、社員になるチャンスを潰さないよう懸命に働いてくれます。

資格がなくても以下の能力があれば採用される

貿易の仕事を通じて一から経験とスキルを身に付けたいとなれば、その要望にある会社を探すことがカギになるでしょう。資格以外のスキルなら、メールのやり取りに使えるタイピングスキルや、メール送受信の知識、OAスキルがあると文書作成を頼まれた時に活用できるでしょう。しかし、ただ仕事をこなすだけでは貿易の仕事は成り立ちません。社会人のマナーである挨拶や来客、電話の対応、名刺交換のルールなども重要視されます。後は接客能力が人より長けていると、伸びしろがあると判断され、採用される可能性が上がるでしょう。いずれにしても、スキルがないからと諦めるのはまだ早いので、自分の長所を活かせる求人に出会うことを優先させてください。